2007年03月13日

日興株価情報

上場維持を受けて日興株が急騰!

市場の反応はゲンキンですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20070313-00000035-mai-bus_all


日興コーディアルグループ(にっこうコーディアルグループ、英文名 Nikko Cordial Corporation)とは、証券持株会社の一。

傘下に日興コーディアル証券(リテール証券)、日興シティグループ証券(ホールセール投資銀行)、マネックス・ビーンズ・ホールディングス(オンライン証券)など。


前身の日興證券はかつて三菱銀行と親密な関係にあり、三菱グループの証券業部門をほぼ一手に担ってきた大手証券会社であった。日興證券はほんの十数年前までは野村證券に次ぎ、業界第2位であった。

1990年代、同じく四大証券の一角であった山一證券が経営破綻するほど激烈な証券不況の嵐が吹き荒れており、生き残りを賭けて日興證券は1999年にトラベラーズ(後にシティコープと合併し現在シティグループ)との資本提携を決断、三菱グループを離脱した。その後2001年に持株会社に移行し、証券業およびその他営業の全部を新設の日興コーディアル証券株式会社に承継し、本体は日興コーディアルグループへ社名変更した。最近では大和証券グループ本社に次ぐ業界第3位の位置である。

2004年末、みずほフィナンシャルグループとの業務提携を発表した。その後の金融市場の活況を受け大きな動きはなかったが、2006年末に発覚した2005年度有価証券報告書の粉飾決算問題を受けて増資引受をみずほグループに要請するという報道が2007年初頭なされた。日興側は「現時点ではそのような決定はない」「幅広く検討」と対応している。シティグループが約33%出資して、持分適用子会社化すると報道された。




株価の急騰を受けてシティバンクによる株式公開買い付けは成功しないのではとの声も上がってきていますね。



TOBが成功しようがしまいが、シティバンクが今後日本法人をつくって攻めてくることに変わりはないですね。
posted by 金太郎 at 13:15| 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブチャットのステハン求人募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。