2007年03月05日

メガバンク情報

メガバンクとは、都市銀行の内、特に巨大な経営組織となっている銀行、あるいはそれを中心とした金融グループのこと。日本に於いては2006年1月1日から3大メガバンク体制である。

つまりとてつもなく大きな銀行って思えばいいです。


バブル景気が崩壊した1990年代以降、邦銀はいずれも過剰融資による不良債権で急速に体力を失っていった。


また同時に、総会屋に対する利益供与事件が明らかになったり、その不透明な融資体制、護送船団方式により喪失した国際競争力などもあり、こうした問題の解決に迫られた。

これらの諸問題の包括的な是正のため1996年、第2次橋本内閣はその政策の柱に「金融制度改革」いわゆる金融ビッグバンを提唱。


1998年には独占禁止法が改正され持株会社の設立が可能になり、統合のための制度的環境が整備された。

一方で1997年には北海道拓殖銀行と山一證券が、翌1998年には日本長期信用銀行と日本債券信用銀行が破綻し、社会からの金融に対する信頼は大きく低下。「銀行が潰れる」という事態が現実のものとなり、その他の大手銀行にも経営不安がささやかれるようになる。

こうした危機感の中、銀行の統合による規模の経済性、多角化による経済性、コスト削減効果等により見込まれる経営改善効果を期待した邦銀は、1999年のみずほフィナンシャルグループ発足発表を皮切りに雪崩を打って再編へ走り出す。


こうして1970年代から1980年代に「都銀13行」「大手20行」と呼ばれた各行は、段階的な合併劇を繰り返した末、2006年には3大メガバンク体制に落ち着いた。


銀行がつぶれる時代

あなたはどこにお金を預けるのか・・・



安全をお金で買う時代、あなたはどのようにして自らを守るか。




論理武装よりも知識武装


豊かな知識に度胸を持ち合わせて行動しさえすればこの世の中に敵はない!
posted by 金太郎 at 16:38| 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ライブチャットのステハン求人募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。